美しい肌の定義とは?

「30代までの外見が親から授かったもの、40代からの外見はその人の生きてきた歴史」などと言われているように、40歳を超えるとその人の生き方や考え方が外見に現われがちです。年齢を重ねても若々しい女性は、UVケアにとても気を遣っています。肌の老化原因の7~8割が紫外線だと言われていて、40代になると夏だと約3分、冬でも約15分くらい浴びるとシミになります。まさに日焼けは美肌の大敵なんです。では、そもそも美肌の定義とは、何でしょうか?それは医学的な見地から言うと、「皮膚病変が無く、肌色が均一であること」とされています。陰が無い肌、白い肌ではなく明るい肌が皮膚科では美肌とされているのです。

骨も肌に影響を及ぼしている

肌細胞は夜に形成されると考えられているので、帰宅後は必ずメイクを落として、優しく洗顔し、たっぷり保湿する習慣をつけましょう。しっかり保湿することで、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞がうまく機能しますよ。50代を超えると「たるみ」の悩みも出てきます。顔を断面にすると、表面は皮膚で、その下に脂肪と筋肉があり、その土台として骨があります。この4つの層の老化の相乗でたるみが起こります。骨も影響しているから、たるみは一筋縄ではいかないのです。骨密度を保つためには、ウォーキングなどの運動をして、顔の筋肉を鍛えるには、意識的に口角を上げて笑うことで効果が出ますよ。肌の健康を維持するために、急激なダイエットはしないようにしましょう。

品川美容外科の告訴について詳しく